お知らせ

究極の一冊、荷風旧蔵『ふらんす物語』の展示は、11月10日まで!

 投稿日時: 2019-11-08 (32 ヒット)

 荷風の初版本の中でも、出荷直前に発禁処分を受けた『ふらんす物語』(個人蔵)は、群を抜いた貴重本です。押収を逃れた少部数のみが現存するといわれています。特別展「永井荷風と鴎外」で展覧中の革装『ふらんす物語』は、荷風が所蔵していたというまさしく究極の一冊です。

今回の展示では、同じく荷風旧蔵の『あめりか物語』(日本近代文学館蔵)と一緒に展示中です。この2冊が並ぶのは、荷風没後以来といわれています。貴重な“再会”をお見逃しなく!!!


ページトップ