お知らせ

  件
 投稿日時: 2021-07-30 (41 ヒット)

 

竹内栖鳳作《楳雀図》
 

鴎外は美術に造詣が深く、同時代の美術家と沢山の交流がありました。文展審査員、帝国美術院を通じて親交のあった日本画家・竹内栖鳳もその一人です。

 

楳(うめ)の枝にとまる雀の様子が描かれた小品ですが、動物画を得意とした栖鳳らしい作品と言えるでしょう。鴎外の長男・於菟によると、栖鳳自身が気に入っていた作品だったそうです(森於菟『鴎外の死面と遺品』)。

 

鴎外晩年の日記『委蛇録』の大正7130日の項には「竹内栖鳳贈予画」とあり、この作品が贈られたことを指しているとみられます。前年12月に帝室博物館総長兼図書頭に就任したばかりの鴎外。新たな仕事を前に慌ただしい日々を過ごす中で、この愛らしい雀の姿に安らぎを覚えていたかもしれません。

 

特別展「観潮楼の逸品―鴎外に愛されたものたち」912日(日)までの開催です。

 


 投稿日時: 2021-07-26 (21 ヒット)

 明日、727日(火)は第4火曜日のため、全館休館です。

728日(水)より通常通り開館いたします。

特別展「観潮楼の逸品-鴎外に愛されたものたち」は会期を延長し

912()までの開催となります。

 


 投稿日時: 2021-07-12 (74 ヒット)

現在開催中の特別展「観潮楼の逸品―鴎外に愛されたものたち」
文具、印章のコーナーで、一部展示替えを行いました。
本日
712日より、朱墨の残る墨置、べっ甲製のペーパーナイフ、
学生時代の鴎外が頻繁に使用していた蔵書印など、
新たに
14点をご覧いただけます。

本展は、会期を延長して912日(日)までの開催です。

(会期中の休館日は727日、824日いずれも火曜日)
予約制ではありませんので、ご都合にあわせてご来館くださいませ。
※混雑時は入場制限を行う場合があります。



 投稿日時: 2021-07-08 (119 ヒット)

森鴎外は大正11(1922)年7月9日午前7時に亡くなりました。

 

文京区立森鴎外記念館では鴎外をしのび、明日7月9日(金)に以下の催しを行います。今年は100回忌です。この機会にぜひ記念館へお立ち寄りください。

 

■早朝開館

いつもより1時間早く9時から開館します。

開館時間:9時~18時閉館(最終入館17時30分)

 

■オリジナルしおりプレゼント

当日展覧会を観覧された方には、オリジナルしおりをプレゼントいたします。

7月中は鴎外の遺言書のオリジナルを展示しています。開催中の特別展「観潮楼の逸品―鴎外に愛されたものたち」と合わせて、鴎外の人生をご堪能ください。


 投稿日時: 2021-07-05 (84 ヒット)

 

 

現在開催中の特別展「観潮楼に逸品―鴎外に愛されたものたち」の展示関連講演会「鴎外とたばこ~明治の文豪と嗜好品~」(講師:半田昌之氏[公益財団法人日本博物館協会専務理事、元たばこと塩の博物館学芸部長])は、緊急事態宣言発令に伴い開催中止となってしまいましたが、このたび無観客にて収録しYouTube限定公開しています。

 
動画はこちら https://youtu.be/fwCUaQEYr3U
 
たばこの歴史から鴎外が愛した葉巻のことまで、豊富なスライドだけでなく実物の葉巻や葉巻切りを見せながらご講演くださいました。ぜひご視聴ください!
 


(1) 2 3 4 ... 95 »

ページトップ