お知らせ

コレクション展「文学とビール」展示会場から2

 投稿日時: 2019-09-12 (260 ヒット)

現在開催中のコレクション展「文学とビール―鴎外と味わう麦酒の話」では、ビールが印象的に描かれた作品を選び、日本におけるビール普及の歴史を紹介するパネルと共に展覧しています。

明治23年に発表された、鴎外の小説『うたかたの記』では、ミュンヘンのカフェで美術学生がビールを楽しんでいる様子が描かれました。


作中には「麦酒の泡だてるを、ゆり越すばかり盛りたる例の大杯を(中略)握りもち、『新しき樽よりとおもひて、遅うなりぬ。許したまへ』」とことわってビールを給仕する描写が見られます。本作発表時、日本ではほとんど瓶ビールしか飲まれていなかったため、樽からジョッキに注がれたビールが運ばれている風景は、新鮮なものだったことでしょう。ドイツ滞在時にビールに親しんだ鴎外の経験が生かされています。


その他にも、夏目漱石や高村光太郎が描いた「ビール」を紹介していますので、是非展示会場でご覧ください。本展は106日(日)まで開催中です(休館日924日(火))。

 


ページトップ