展示・イベントカレンダー
Exhibition & Event Calendar
前月 2019年 10月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>

カテゴリ 特別展 特別展「荷風生誕140年・没後60年記念 永井荷風と鴎外」

2019年 10月 12日 ~ 2020年 1月 13日

会期:201910月12日(土)~2020年1月13日(月・祝)

※1126日(火)、12月24日(火)、12月29日(日)~1月3日(金)
会場:文京区立森鴎外記念館 展示室1、2
開館時間:10時~18時(最終入館は閉館30分前)
観覧料:一般500円(20名以上の団体:400円)
※中学生以下無料、障害者手帳ご提示の方と介護者1名まで無料
※文京ふるさと歴史館入館券、パンフレット(押印入)、友の会会員証ご提示で2割引き
※市川市文学ミュージアム企画展「永井荷風と谷崎潤一郎」会期中(11月2日~1月19日)同展の観覧券(半券可)ご提示で2割引き。


 

 永井荷風は、明治121879)年に東京市小石川区(現・文京区春日)に生まれました。森鴎外を文学上の師と仰ぎ、昭和341959)年に亡くなるまで尊敬し続けました。鴎外もまた、自分より17歳若い荷風の実力を認め、明治431910)年には慶應義塾大学部文学科の教授に推薦し、荷風が主宰する雑誌「三田文学」の刊行を後押ししました。文豪として知られる二人の、こうした接点や交流にもう一度照明を当てたいと思います。

本展では、明治361903)年1月の荷風と鴎外の初対面から、荷風の海外体験、「三田文学」での二人の共演、そして鴎外没後に荷風が鴎外作品を再読する時代、さらに晩年にかけて荷風が追った鴎外の面影を紹介します。

「文学者にならうと思つたら大学などに入る必要はない。鴎外全集と辞書の言海とを毎日時間を決めて三四年繰返して読めばいゝと思つて居ります。」(荷風『鴎外全集を読む』、昭和11年)

 明治、大正、昭和と生涯繰り返し鴎外作品を読んだ荷風。死の床には、数冊の本とともに鴎外の『渋江抽斎』が開かれていました。荷風の鴎外敬慕の念は、昭和371962)年の当館の前身である文京区鴎外記念本郷図書館開館へと受け継がれました。荷風生誕140年・没後60年の記念年に、鴎外を敬愛した荷風を追います。

  • 展示資料リストはこちらをご覧ください。

◆関連イベント
●講演会1
「鴎外と荷風をつなぐもの」

講師 中島国彦氏(早稲田大学名誉教授)

日時 112日(土)14時~1530
※募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
→詳細は
こちら

●講演会2
「生涯鴎外を敬愛した荷風」

講師 川本三郎氏(作家、文学評論家)

日時 1214日(土)14時~1530
→詳細はこちら

※募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

●朗読会
「永井荷風の『日和下駄』を読む」
朗読 今井朋彦氏(文学座)
作品解説 中島国彦氏(早稲田大学名誉教授)
日時 12月21日(土)13時~14時30分
料金 2000円
→詳細は
こちら


●ギャラリートーク

展示室にて当館学芸員が展示解説を行います。

1030日、1120日、1211

いずれも水曜日14時~(30分程度)

申込不要(展示観覧券が必要です)


●新春ギャラリートーク

202015日(日)1130分~(30分程度)

申込不要(高校生以上の方は、展示観覧券が必要です)

印刷する

ページトップ