展示・イベントカレンダー
Exhibition & Event Calendar
前月 2024年 3月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>

公式SNSアカウント

カテゴリ 通常展 コレクション展「生誕120年 森茉莉~幸福な日々、書くという幸福~」

2023年 7月 14日 ~ 2023年 10月 1日

会期:2023 7 14日(金)~ 10 1日(日)
※会期中の休館日 724日(月)、25日(火)、821日(月)、22日(火)、925日(月)、26日(火)

会場:文京区立森鴎外記念館 展示室2

開館時間:10時~18時(最終入館は1730分)

観覧料:一般300円(20名以上の団体:240円)
※中学生以下無料、障害者手帳ご提示の方と介護者1名まで無料

※文京ふるさと歴史館入館券、パンフレット(押印入)、友の会会員証ご提示で2割引き
 ※その他各種割引がございます。詳しくは
コチラをご覧ください。


 

森茉莉(19031987)は、文京区千駄木の森鴎外の居宅・観潮楼(現・当館)で鴎外の長女として生まれました。大人しく少し病弱だった茉莉は格別に大切にされ、鴎外の膝の上で「お茉莉は上等」とありのままを褒められ、幸福な少女時代をおくります。1922(大正11)年19歳の時に、当時の夫・山田珠樹の留学するフランスに渡り、渡欧中に父・鴎外の死を知りました。

結婚、離婚などを経て、茉莉は翻訳や劇評、小説の執筆をはじめます。54歳の時、鴎外との思い出をまとめた『父の帽子』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、以後『恋人たちの森』(田村俊子賞受賞)、『贅沢貧乏』、『甘い蜜の部屋』(泉鏡花文学賞受賞)、『ドッキリチャンネル』などの作品を書き続けました。鴎外から受けた愛情をそのままに持ちながら、ありのままの日常を愛し、自分のために生き自分のために書くことによってみつけた幸福な想いは、作品に独特で豊かな表現としてあらわれ、現在も多くの読者を魅了しています。

2023年は茉莉の生誕120年です。本展では、館蔵の鴎外資料、茉莉の原稿や著書を通して、観潮楼時代の茉莉、文学者としての茉莉を展覧します。

 

※展示リストはこちら

 

◇展示関連事業

●講演会「千年に一度の人、森茉莉の世界」

講師:島内裕子氏(放送大学教養学部教授)

日時:826日(土)14時~1530

会場:文京区立森鴎外記念館 2階講座室

定員:50名(事前申込制・応募者多数の場合は抽選

料金:無料(参加票と本展覧会観覧券(半券可)が必要)

申込締切:810日(木)必着

※応募方法等詳細はこちら


●朗読会「生誕120年・森茉莉の世界」

朗読:渡邊あゆみ氏(NHKエグゼクティブ・アナウンサー)

日時:9月2日(土)1830分~1945分(開場18時)

会場:文京区立森鴎外記念館 エントランス

定員:60名(事前申込制・応募者多数の場合は抽選)

参加費:1,500円(当日受付にて)

申込締切:8月19日(土)必着

※応募方法等詳細はこちら

 

●展示解説

○コレクション展ギャラリートーク

当館学芸員がコレクション展の展示解説を行います。

日時:82日、96日 いずれも水曜日14時~(30分程度)

会場:文京区立森鴎外記念館 地下1階展示室2

申込不要、当日の展示観覧券が必要です。

 

○夏の子ども向けギャラリートーク

展示室にて当館学芸員と共に鴎外の生涯(常設展示)をめぐります。

日時:819日(土)11時~(30分程度)

会場:文京区立森鴎外記念館 地下1階展示室1

対象:小学校4年生から

申込不要、高校生以上の方は当日の展示観覧券が必要です。

コレクション展「生誕120年 森茉莉」チラシにおきまして誤りがありました。正しくは以下の通りです。
 裏面8行目(誤)甘い密の部屋
       (正)甘い蜜の部屋
 訂正してお詫び申し上げます。

印刷する

ページトップ