展示・イベントカレンダー
Exhibition & Event Calendar
前月 2024年 6月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>

公式SNSアカウント

カテゴリ 通常展 コレクション展「鴎外の『水沫集』 第一作品集に込めた詩想」

2023年 2月 3日 ~ 2023年 4月 2日

会期:2023年2月3日(金)~4月2日(日)

 ※会期中の休館日 2月20日(月)~22日(水)、3月27日(月)、28日(火)
会場:文京区立森鴎外記念館 展示室2
開館時間:10時~18時(最終入館は17時30分)
観覧料:一般300円(20名以上の団体:240円)
 ※中学生以下無料、障害者手帳ご提示の方と介護者1名まで無料
 ※文京ふるさと歴史館入館券、パンフレット(押印入)、友の会会員証ご提示で2割引き
 ※その他各種割引がございます。詳細は記念館HPをご覧ください。

 
展示リストはこちら
 生涯で50冊以上の文芸書を刊行した森鴎外。その第一冊目である、作品集『水沫(美奈和)集』が刊行されたのは、現在から130年前の1892(明治25)年、鴎外30歳のときのことです。小説『舞姫』『うたかたの記』『文づかひ』のドイツ三部作をはじめ、14篇の翻訳小説、2篇の翻訳戯曲、友人らと共訳した訳詩集『於母影』などが収録されています。鴎外自身の手によって編まれた600頁を越える大冊は、20代の鴎外の詩想すなわち文芸における試みや、野心の集大成と言えるでしょう。
 『水沫集』は、鴎外にとって特別な一冊であったと共に、長きにわたって読み継がれた一冊でもあります。『水沫集』は版を重ね、鴎外が60歳で没するまでの間に、改訂版そして縮刷版が刊行されました。鴎外はその度に推敲し、序文や漢詩を新たに書き、字句に訂正を加えました。
 本展の主役は、この一冊の本です。鴎外が『水沫集』で試みたことを、刊行の経緯や当時の鴎外の動向、収録作品などから展覧します。また、『水沫集』を読み影響を受けた文学者たちを紹介します。鴎外が第一作品集に込めたエモーションをご覧ください。



◇展示関連事業

●講演会「世界文学への眺望―森鴎外の創作と翻訳―」

講師:松木 博氏(大妻女子大学短期大学部教授)
日時:3月19日(日)14時~15時30分
会場:文京区立森鴎外記念館 2階講座室
定員:30名(事前申込制)
料金:無料(参加票と本展覧会観覧券(半券可)が必要)
申込締切:2月28日(火)必着

 

●展示解説

・コレクション展展示解説

当館学芸員がコレクション展の展示解説を行います。
日時:2月15日、3月15日 いずれも水曜日14時~(30分程度)
会場:文京区立森鴎外記念館 2階講座室
定員:先着15名
申込不要、当日の展示観覧券が必要です。直接講座室へお越しください(13時45分開場)。

 

【ご来場にあたってのご注意】
・ご来館の際には、マスクの着用、手指消毒や手洗いなどのご協力をお願いいたします。
・発熱などの症状がある場合は、ご参加をお控えください。
・講演会中は換気のために空調を入れた上、ドアを開けて実施いたします。肌寒く感じる可能性がありますので、予めご了承ください。
・新型コロナウィルスの感染状況により、イベント内容に変更が生じる場合があります

印刷する

ページトップ