展示・イベントカレンダー
Exhibition & Event Calendar
前月 2020年 2月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<今日>

カテゴリ 通常展 コレクション展「父と母~鴎外のファミリー・ヒストリー」

2020年 1月 18日 ~ 2020年 5月 10日

会期:2020年1月18日(土)― 2020年4月5日(日)※5月10日(日)まで会期延長!
開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日:1月28日(火)、2月25日(火)、2月26日(水)、3月24日(火)

※臨時休館は5月6日(水・祝)まで延長となりました。

観覧料:一般300円(20名以上の団体:240円) *中学生以下無料、障害者手帳ご提示の方と介護者1名まで無料
*文京ふるさと歴史館入館券、パンフレット(押印入)、友の会会員証ご提示で2割引き
*その他各種割引がございます。詳細はコチラをご覧ください。


 森鴎外(陸軍軍医、作家。本名、森林太郎)は文久2(1862)年1月19日、石見国津和野藩(現在の島根県津和野町)に生まれました。父は静男、母は峰子、森家は藩主の典医をしていました。
 遠戚・西周(あまね)(哲学者)が静男に宛てた、鴎外と赤松登志子(としこ)との結婚式に関する明治22(1889)年2月の書簡があります。書中には、赤松則良(のりよし)(海軍中将)の夫人・貞(てい)、娘・登志子、周夫人・升子(ますこ)、貞の父・林洞海(どうかい)(医師)らが登場します。本展ではこうした館蔵資料を通して、鴎外の父母とその人物交流をたどります。
 そして、鴎外を思わせる「博士」とその父母が登場する近代小説『カズイスチカ』(明治44年)、『本家分家』(大正4年)から鴎外の父母像をひもときます。さらに、歴史小説『山椒大夫』『最後の一句』(いずれも大正4年)、翻訳戯曲『街(ちまた)の子』(明治44年)など親子関係が見える作品を紹介します。
 鴎外の父と母や作品を追跡する、鴎外のファミリー・ヒストリーをお楽しみください。

展示資料リストはこちらをご覧ください。

 

FlierOmote FlierUra

■関連イベント
●講演会

講演会「〈父性〉としての峰子」 終了しました。

講師:小仲信孝氏(跡見学園女子大学教授)
日時:2020年2月24日(月・振休)14時~15時半
会場:文京区立森鴎外記念館 2階講座室
定員:50名(事前申込制)
料金:無料(参加票と本展覧会観覧券(半券可)が必要)
申込締切:2月10日(月)必着

●ギャラリートーク

展示室にて当館学芸員が展示解説を行います。
日時:1月29日、2月19日 いずれも水曜日14時~(30分程度)
申込不要、展示観覧券が必要です。

●学生ギャラリートーク

開催を中止いたしました。詳しくは「お知らせ」欄をご覧ください。

展示室にて文京区内大学の有志が解説を行います。
日時:3月1日(日)11時~/14時~ 各回30分程度
申込不要、展示観覧券が必要です。

◆同時開催

文の京ゆかりの文化人顕彰事業 コーナー展示「鴎外と石川啄木」

平成31年2月20日、文京区が岩手県盛岡市と友好都市提携を結んだことを記念し、ゆかりの文学者・石川啄木と鴎外の交流を紹介します。
*コレクション展開催中のコーナー展示です(会場・展示室1)。通常展観覧券でコレクション展とともにご覧いただけます。

◆鴎外誕生日記念行事

鴎外158回目の誕生日を記念して、2020年1月19日(日)は、無料で展覧会をご覧いただけます。

印刷する

ページトップ