お知らせ

  件
 投稿日時: 2019-05-03 (102 ヒット)

JyosetuGengo 5月より令和が始まりました。
当館では4月より新しい時代の幕開けを記念して、鴎外の晩年の業績を紹介しています。


 鴎外は、大正5(1916)年陸軍軍医総監・医務局長を辞任後、大正6(1917)年12月に帝室博物館総長兼図書頭(ずしょのかみ)に就任します。図書頭として鴎外は、歴代天皇の謚(おくりな)の出典考証(『帝謚考(ていしこう』)や、大化以来の元号考証(『元号考』)などに取り組みました。

 明治天皇の崩御、乃木希典の殉死を機に、歴史小説・史伝へと新たなジャンルと自身の文体を拓いた鴎外の最晩年の仕事です。歴史の過去を顧みるだけでなく、未来の日本にとって重大な欠落がないように憂慮した鴎外の周到な姿勢をご覧ください。

*常設展示の中のミニコーナーとして展示中です。


 投稿日時: 2019-04-16 (215 ヒット)

一葉筆三宅花圃宛書簡 明治2584日付 台東区立一葉記念館蔵

 

一葉は、かつて文京区内にあった歌塾・萩の舎(はぎのや)に通っていました。萩の舎は歌人・中島歌子が明治10年頃に開いた塾で、華族や良家の子女が多く在籍していました。萩の舎の姉弟子に、三宅花圃(田辺龍子)がいます。花圃(かほ)は明治21年に小説『薮の鶯』を刊行し、一葉に先立って世に知られる存在となっていました。

 

本書簡は、一葉が花圃に宛てたものです。当時、一葉は雑誌「武蔵野」に『五月雨』を発表したばかりでしたが、「武蔵野」主宰であり小説の師である半井桃水から距離を置いていました。花圃は、そんな一葉を文芸雑誌「都の花」に紹介します。

書中で一葉は、同誌に掲載予定の作品を明治257月中に脱稿するつもりが、肩こりや頭痛のため遅れていることについて、丁重に詫びを入れています。このとき執筆していたのが小説『うもれ木』で、本作は「都の花」9597号(明治2511月~12月刊)に掲載されました。

鴎外主宰雑誌「めさまし草」掲載の合評『雲中語』によると、鴎外は一葉没後に刊行された全集で本作を読み、まだ未熟ながらも「亡き人の惜まるゝなり」と言葉を寄せました。

 

本資料は、56日(月・祝)までの限定展示です。(57日以降は複製を展示します)

 

また、明日417日(水)は、14時よりギャラリートークを開催します!

この機会に是非ご覧ください!(ギャラリートークは申込不要ですが、観覧券が必要です)



 投稿日時: 2019-04-06 (252 ヒット)

本日4月6日、特別展が開幕しました!

鴎外は明治45年6月に執筆した『与謝野晶子さんに就いて』という文章の中で、「女流のすぐれた人」として、樋口一葉、与謝野晶子、平塚らいてうの名前を挙げています。本展はこの文章を起点とし、一葉、晶子、らいてうそれぞれの業績や、鴎外との交流を、三部構成で展覧しています。
 
一葉が同門の先輩・三宅花圃に宛てた書簡や、晶子の『みだれ髪』初版本、らいてう学生時代の答案用紙など、貴重な資料を多数展示中。この機会に是非ご覧ください。
 
また本日より1ヵ月間、根津神社ではつつじ祭りが開催されます。
春らしい陽気となりました、当館にお越しの際は併せて谷根千散歩をお楽しみください!

 
 
 


 投稿日時: 2019-03-31 (112 ヒット)

4月1日(月)から4月5日(金)まで、展示替え期間のため全館休館いたします。

 
4月6日(土)からは、特別展「一葉、晶子、らいてう―鴎外と女性文学者たち」が始まります。
春の谷根千お散歩コースとして、お立ち寄りください。


 投稿日時: 2019-03-25 (93 ヒット)

明日、3月26日(火)は第4火曜日のため、全館休館です。

3月27日(水)からは通常通り開館いたします。

開催中の『少しも退屈と云ことを知らず―鴎外、小倉に暮らす」は、3月31日までです。

会期も残りわずかですので、お見逃しなく!

※予告※ 4月1日~4月5日は、展示替えのため休館となります。


« 1 (2) 3 4 5 ... 71 »

ページトップ