お知らせ

展示会場から「鴎外のうた日記」その2

 投稿日時: 2018-11-19 (101 ヒット)

鴎外筆森志げ宛書簡 明治37520日付 森鴎外記念館(津和野)蔵


明治37320日、鴎外は新橋から日露戦争の戦地へと出発しました。22日広島に着き約一ヶ月間滞在、421日に宇品港から八幡丸に乗船して日本を発ちます。


この書簡は、宇品出発後に戦地から初めて妻・志げに送られたもので、書中には「戦争の都合で一切書簡を出すことを止められて居た」とあります。志げはこのとき長女・茉莉(当時1歳)を連れて実家の明舟町(現・港区)に身を寄せていました。戦地にあり命の危険を感じる日々を送りながら、「おれは丈夫で居るから少しも案じることはない」と、優しい口調で志げを安心させています。


本展では本書簡以外にも、鴎外が戦地から志げに宛てた書簡を多数展示しています。また志げ宛書簡は、別冊宝島編集部編『文豪たちのラブレター』(宝島社、2018年)や、神楽坂ブックス編『「文豪とアルケミスト」文学全集第二期』(新潮社、2018年)でも取り上げられています。


特別展「鴎外の『うた日記』―詩歌にうたった日々を編む」は、2019114日(月・祝)までの開催です。


 



ページトップ