お知らせ

◆展示会場から「鴎外・ミーツ・アーティスト―観潮楼を訪れた美術家たち」その1◆

 投稿日時: 2018-02-06 (94 ヒット)

宮芳平《歌》 キャンバス、油彩
 
現在開催中のコレクション展では、鴎外と美術家たちとの交流を示す資料として、観潮楼に飾られていた美術作品を展示しています。その中でも目を惹くのは、宮芳平《歌》。本作は、鴎外が宮から直接購入した作品で、観潮楼の洋間に掛けられていたそうです。
 
鴎外が審査主任を務めていた文展に落選し、その理由を尋ねるため突然観潮楼を訪ねてきた宮。宮の純粋な性質を見抜いた鴎外は、良き理解者として彼を支えました。《歌》を購入したのも、鴎外の宮へのエールだったのでしょう。鴎外と宮の交流は、鴎外の短編小説『天寵』で知ることができます。


ページトップ