お知らせ

展示会場から「死してなお―鴎外終焉と全集誕生」その1

 投稿日時: 2017-03-18 (166 ヒット)

現在開催中のコレクション展「死してなお―鴎外終焉と全集誕生」は、大正1179日に逝去した鴎外最期の数ヶ月間を紹介するコーナーと、鴎外逝去後たった半年で刊行された鴎外全集の編集に関する資料を紹介するコーナーとの二部構成で展開しています。

軍医であった鴎外は自らを蝕んでいた病(萎縮腎、肺結核)の症状を正確に把握していました。しかし鴎外は診療を拒み続けます。鴎外がなぜ頑なに受診を拒んだのか、その理由の一端を、親友である賀古鶴所に宛てた書簡に見ることができます。

大正11526日、親友に送られた書簡には、自らの死を予感した鴎外の想いが長文で語られています。




展覧会は42日(日)までの開催です。ご来館をお待ちしています。


ページトップ